Home業務案内水質分析 5(飲料水)

水質分析 東京環境測定センター

水質分析を始め、東京環境測定センターでは、あらゆる測定・分析・調査を、迅速・正確・適正な料金で行います。

水質分析1(飲料水)  /  水道水の水質分析    健康項目(31項目)    水道水が有すべき性状項目(20項目)
水質分析2(飲料水)  /  水道原水の水質分析
水質分析3(飲料水)  /  水質管理目標設定項目    水質管理目標設定項目(農薬102項目)
水質分析4(飲料水)  /  飲用井戸等11項目の水質分析    食品衛生法における水質分析26項目
水質分析5(飲料水)  /  学校環境衛生基準に基づく水質分析    ミネラルウォーター水質分析
水質分析6(飲料水)  /  水道の定義    水道の定義  2
水質分析7(飲料水)  /  検査51項目の説明    水質管理目標設定項目の説明
水質分析8(排水)     /  水質汚濁防止法    水質汚濁防止法 一律排水基準(健康項目)    生活環境に関する項目
水質分析9(排水)     /  水質汚濁防止法  特定施設(別表1  1〜30)    (別表1  31〜60)    (別表1  61〜74)
水質分析10(排水)   /  下水道法    下水道法 一律排水基準(有害物質)    環境項目    ダイオキシン類
水質分析11(排水)   /  下水道法  特定施設
水質分析12(排水)   /  ゴルフ場で使用される農薬による水質汚濁の防止
水質分析13(環境水)/  環境基本法  地下水の環境基準    環境基本法  人の健康の保護に関する環境基準
水質分析14(環境水)/  環境基本法  河川の環境基準    湖沼の環境基準    海域の環境基準
水質分析15(その他)/  プールの水質基準    検査頻度    公衆浴場の水質基準と検査頻度

水質分析(飲料水)

学校環境衛生基準に基づく水質分析

学校における水質検査は学校環境衛生基準に基づき、以下の条件での水質検査が必要となります。
※水道水を原水とする飲料水(専用水道を除く)については、毎学年1回、10項目の定期検査が必要です。

※専用水道及び専用水道に該当しない井戸水等についての検査は、毎月1回、上記10項目及び毎学年に1回の水道法による50項目の検査と遊離残留塩素検査の定期検査が必要となります。

※専用水道及び井戸水の原水については、学校環境衛生の基準10項目から遊離残留塩素を除いた9項目について、毎学年1回定期検査を行なわなくてはなりません。

項   目 基 準 値 項   目 基 準 値
一般細菌 100個/mL以下 大腸菌 検出されないこと
塩化物イオン 200mg/L以下 有機物(全有機炭素(TOC)の量) 3mg/L以下
pH値 5.8以上8.6以下 異常でないこと
臭気 異常でないこと 色度 5度以下
濁度 2度以下 遊離残留塩素 0.1mg/L以下
ミネラルウォーター水質分析

ミネラルウォーター類の原水は、水道法に規定する水道事業の用に供する水道、専用水道、若しくは簡易専用水道により供給される水、又は下記の表に揚げる食品衛生法で定められた基準事項につき、同じく表の分析方法により基準に適合する水でなくてはなりません。

項   目 基 準 値 検 査 方 法
一般細菌 100個/mL以下 標準寒天培地法
大腸菌群 検出されないこと 乳糖ブイヨン-プリリアントグリーン乳糖胆汁ブイヨン培地法
カドミウム 0.01mg/L以下 フレームレス-原子吸光光度法 又はICP法
水銀 0.0005mg/L以下 還元気化-原子吸光光度法
セレン 0.01mg/L以下 水素化物発生-原子吸光光度法
又はフレームレス-原子吸光光度法
0.05mg/L以下 フレームレス-原子吸光光度法 又はICP法
バリウム 1mg/L以下 フレームレス-原子吸光光度法 又はICP法
砒素 0.05mg/L以下 水素化物発生-原子吸光光度法
又はフレームレス-原子吸光光度法
六価クロム 0.05mg/L以下 フレームレス-原子吸光光度法 又はICP法
シアン 0.01mg/L以下 吸光光度法
硝酸性窒素及び亜硝酸性窒素 10mg/L以下 イオンクロマトグラフ法 又は吸光光度法
弗素 2mg/L以下 イオンクロマトグラフ法 又は吸光光度法
硼素(硼酸として) 30mg/L以下 ICP法又は吸光光度法
亜鉛 5mg/L以下 フレームレス-原子吸光光度法 又はICP法
1mg/L以下 フレームレス-原子吸光光度法 又はICP法
マンガン 2mg/L以下 フレームレス-原子吸光光度法 又はICP法
有機物等(過マンガン酸カリウムとして) 12mg/L以下 滴定法
硫化物(硫化水素として) 0.05mg/L以下 吸光光度法

食品衛生法で定める製品検査基準により、製品となったミネラルウォーター類については、混濁、沈殿物、砒素、鉛、カドミニウム、スズ、大腸菌群、陽球菌、緑膿菌についての成分規格基準を満たしていなければなりません。

項   目 基 準 値 項   目 基 準 値
混濁 認めない 沈殿物 認めない
砒素 検出されないこと 検出されないこと
カドミニウム 検出されないこと スズ 150.0ppm以下
大腸菌群 陰性であること 陽球菌 陰性であること
緑膿菌 陰性であること
ページトップへ

水質分析1(飲料水) / 水質分析2(飲料水) / 水質分析3(飲料水) / 水質分析4(飲料水) / 水質分析5(飲料水) / 水質分析6(飲料水) / 水質分析7(飲料水) / 水質分析8(排水) / 水質分析9(排水) / 水質分析10(排水) / 水質分析11(排水) / 水質分析12(排水) / 水質分析13(環境水) / 水質分析14(環境水) / 水質分析15(その他)

●ご依頼事業所等の立場にたった環境等の整備・改善・コンサルティングを致します。
●十数台の車が常時巡回をし、サンプリング及び測定を行います。
●常に最新の情報と高度な技術であらゆる分野のニーズにお応え致します。

お問い合わせ先 電話 03-3895-1141 FAX 03-3895-4396 担当 営業 佐藤伸彦

株式会社東京環境測定センター
【本社】 〒116-0012 東京都荒川区東尾久七丁目2番35号 【営業・総務グループ】 〒116-0012 東京都荒川区東尾久八丁目3番18号 2階
【営業・総務グループ】 TEL:03-3895-1141 / FAX:03-3895-4396

Copyright© 2012-2014 TOKYO ENVIRONMENTAL MEASUREMENT CENTER All Rights Reserved.