Home業務案内シックハウス測定・分析 2

シックハウス測定・分析 東京環境測定センター

シックハウス測定・分析を始め、東京環境測定センターでは、あらゆる測定・分析・調査を、迅速・正確・適正な料金で行います。

シックハウス1  /  シックハウス症候群の原因とされる化学物質分析    シックハウス分析設備
シックハウス2  /  シックハウス分析 サンプリング別    シックハウス分析 目的物質別    シックハウス分析 分析方法別
シックハウス3  /  シックハウス症候群について    シックハウス 室内空気環境に関する法規制等    シックハウス 室内濃度指針値


シックハウス分析の方法

シックハウス分析 サンプリング方法による違い
アクティブ法(吸引方式) 定流量ポンプにて一定時間、活性炭等を詰めた吸着管に試料空気を吸引し、目的物質を吸着捕集する方法
パッシブ法(拡散方式) 吸着剤等を詰めた捕集管を現場に一定時間放置し、空気中の目的物質を自然に吸着させ捕集する方法

採取方法 長所 短所
アクティブ法(吸引方式) 状況を見ながら吸引量を変える事が可能
サンプリングの精度が高い
サンプリング条件をコントロールできる
専用のポンプ等、機材が多い
サンプリングに技術を要する
サンプリングの時間、場所を選ぶ
パッシブ法(拡散方式) チューブに吸着剤を詰めた簡易な構造
安価、軽量、操作が簡単
取り付け場所を選ばない
サンプリング状況をモニターで確認ができない
濃度を直接求めることができない
再現性に劣る
シックハウス分析 目的物質による違い
GC/MSによる分析 揮発性有機化合物(VOC)はGC/MSにより分析を行う(トルエン・キシレン等が該当)
HPLCによる分析 熱に対して不安定な物質についてはHPLCにて分析を行う(ホルムアルデヒドが該当)
シックハウス分析 分析方法による違い
溶媒抽出-GC/MS法 吸着管や個相カラムに吸着させた目的物質を溶媒で溶出させ、その溶媒の一定量をGC/MSに導入し、目的物質の定性・定量を行う方法
加熱脱着-GC/MS法 吸着管に吸着させた目的物質を専用装置にて加熱脱着し、ゴールドトラップで捕集・濃縮後、再度加熱してガス体試料としてGC/MSに導入し、目的物質の定性・定量を行う方法
キャニスタ採取-GC/MS法 専用のキャニスタに試料空気を直接捕集し、専用装置にて吸引・捕集・濃縮後、GC/MSに導入し、目的物質の定性・定量を行う方法

分析方法 長所 短所
溶媒抽出-GC/MS法 操作が簡単
再分析が可能
希釈率を変えることができる
捕集管は使い捨て
溶媒を使用
ブランクの影響が大きい
加熱脱着-GC/MS法 捕集管の再利用ができる
低沸点極性成分まで分析可能
ブランクが少ない
再分析ができない
専用装置が必要
キャニスタ採取-GC/MS法 キャニスタ容器の再利用ができる
サンプリングが安定している
試料の保存性が良い
キャニスタ容器の洗浄が必要
容器内に吸着する物質がある
キャニスタ容器が大きく、運搬が大変
ページトップへ

シックハウス1 / シックハウス2 / シックハウス3

●ご依頼事業所等の立場にたった環境等の整備・改善・コンサルティングを致します。
●十数台の車が常時巡回をし、サンプリング及び測定を行います。
●常に最新の情報と高度な技術であらゆる分野のニーズにお応え致します。

お問い合わせ先 電話 03-3895-1141 FAX 03-3895-4396 担当 営業 佐藤伸彦

株式会社東京環境測定センター
【本社】 〒116-0012 東京都荒川区東尾久七丁目2番35号 【営業・総務グループ】 〒116-0012 東京都荒川区東尾久八丁目3番18号 2階
【営業・総務グループ】 TEL:03-3895-1141 / FAX:03-3895-4396

Copyright© 2012-2014 TOKYO ENVIRONMENTAL MEASUREMENT CENTER All Rights Reserved.