Home業務案内肥料分析 4

肥料分析 東京環境測定センター

肥料分析を始め、東京環境測定センターでは、あらゆる測定・分析・調査を、迅速・正確・適正な料金で行います。

肥料分析1  /  肥料の有害成分含有量基準 窒素質肥料    燐酸質肥料    加里質肥料
肥料分析2  /  肥料の有害成分含有量基準 有機質肥料    複合肥料    石灰質肥料
肥料分析3  /  肥料の有害成分含有量基準 珪酸質肥料    苦土肥料    マンガン質肥料    硼素質肥料    微量要素複合肥料
肥料分析4  /  肥料の有害成分含有量基準 汚泥肥料等    農薬その他の物が混入される肥料
肥料分析5  /  肥料分析法 水分、灰分等    主成分    その他の成分    硝酸化成抑制材

肥料分析

肥料の有害成分含有量基準 汚泥肥料等

※登録の有効期間が3年

肥料の種類 含有を許される有害成分の最大量(%) その他の制限事項
下水汚泥肥料
注)102
   砒素 0.005
   カドミウム 0.0005
   水銀 0.0002
   ニッケル 0.03
   クロム 0.05
   鉛 0.01
1.金属等を含む産業廃棄物に係る判定基準を定める省令(昭和48年総理府令第5号)別表第1の基準に適合する原料を使用したものであること。
2.植害試験の調査を受け、害が認められないものであること。
3.牛の部位(肉(食用に供された後に、又は食用に供されずに肥料の原料として使用される食品である肉に限る)、皮、毛、角、蹄及び臓器(食用に供された後に、又は食用に供されずに肥料の原料として使用される食品である臓器に限る)を除く)を原料とする場合にあっては、牛のせき柱(胸椎横突起、腰椎横突起、仙骨翼及び尾椎を除く)及びと畜場法(昭和28年法律第114号)第14条の検査を経ていない牛の部位が混合しないものとして農林水産大臣の確認を受けた工程において製造されたものであること。
し尿汚泥肥料
注)103
   砒素 0.005
   カドミウム 0.0005
   水銀 0.0002
   ニッケル 0.03
   クロム 0.05
   鉛 0.01
上記に同じ
工業汚泥肥料
注)104
   砒素 0.005
   カドミウム 0.0005
   水銀 0.0002
   ニッケル 0.03
   クロム 0.05
   鉛 0.01
上記に同じ
混合汚泥肥料
注)105
   砒素 0.005
   カドミウム 0.0005
   水銀 0.0002
   ニッケル 0.03
   クロム 0.05
   鉛 0.01
上記に同じ
焼成汚泥肥料
注)106
   砒素 0.005
   カドミウム 0.0005
   水銀 0.0002
   ニッケル 0.03
   クロム 0.05
   鉛 0.01
1.金属等を含む産業廃棄物に係る判定基準を定める省令(昭和48年総理府令第5号)別表第1の基準に適合する原料を使用したものであること。
2.植害試験の調査を受け、害が認められないものであること。
汚泥発酵肥料
注)107
   砒素 0.005
   カドミウム 0.0005
   水銀 0.0002
   ニッケル 0.03
   クロム 0.05
   鉛 0.01
「下水汚泥肥料」に同じ
水産副産物発酵肥料
注)108
   砒素 0.005
   カドミウム 0.0005
   水銀 0.0002
上記に同じ
硫黄及びその化合物    砒素 0.005 植害試験の調査を受け、害が認められないものであること。
肥料の有害成分含有量基準 農薬その他の物が混入される肥料
肥料の種類 混入が許される農薬その他の物の種類 最大量(%)
化成肥料 【ピリダフェンチオン】
O・O-ジエチル-O-(3-オキソ-2-フェニル-2H-ピリダジン-6-イル)ホスホロチオエート
1.0以下
    〃 【テトラピオン】
2・2・3・3-テトラフルオルプロピオン酸ナトリウム
4.0以下
    〃 【カルタップ】
1・3-ビス(カルバモイルチオ)-2-(N,Nジメチルアミノ)プロパン塩酸塩
1.0以下
    〃 【イソプロチオラン】
ジイソプロピル-1・3-ジチオラン-2-イリデンマロネート
5.0以下
    〃 【ウニコナゾールP】
(E)-(S)-1-(4-クロロフェニル)-4・4-ジメチル-2-(1H-1・2・4-トリアゾール-1-イル)ペンタ-1-エン-3-オール
0.025以下
    〃 【クロルフタリム】
N-(4-クロロフェニル)-1-シクロヘキセン-1・2-ジカルボキシミド
1.0以下
    〃 【ピロキロン】
1・2・5・6-テトラヒドロピロロ〔3・2・1-ij〕キノリン-4-オン
2.0以下
    〃 【パクロブトラゾール】
(2RS・3RS)-1-(4-クロロフェニル)-4・4-ジメチル-2-(1H-1・2・4-トリアゾ-ル-1-イル)ペンタン-3-オール
0.20以下
    〃 【プロジアミン】
5-ジプロピルアミノ-α・α・α-トリフルオロ-4・6-ジニトロ-O-トルイジン
0.50以下
    〃 【ベンフラカルブ
エチル=N-〔2・3-ジヒドロ-2・2-ジメチルベンゾフラン-7-イルオキシカルボニル(メチル)アミノチオ〕-N-イソプロピル-β-アラニナート
0.80以下
    〃 【ジチオピル】
S・S'-ジメチル=2-ジフルオロメチル-4-イソブチル-6-トリフルオロメチルピリジン-3・5-ジカルボチオアート
0.30以下
    〃 【クロルフタリム】
N-(4-クロロフェニル)-1-シクロヘキセン-1・2-ジカルボキシミド
0.50以下
及び【レナシル】
3-シクロヘキシル-5・6-トリメチレンウラシル
0.50以下
    〃 【イミダクロプリド】
1-(6-クロロ-3-ピリジルメチル)-N-ニトロイミダゾリジン-2-イリデンアミン
0.50以下
及び【プロベナゾール】
3-アリルオキシ-1・2-ベンゾイソチアゾール-1・1-ジオキシド
0.80以下
    〃 【アセタミプリド】
(E)-N-[(6-クロロ-3-ピリジル)メチル]-N'-シアノ-N-メチルアセトアミジン
1.0以下
    〃 【イミダクロプリド】
1-(6-クロロ-3-ピリジルメチル)-N-ニトロイミダゾリジン-2-イリデンアミン
0.07以下
    〃 【プロベナゾール】
3-アリルオキシ-1・2-ベンゾイソチアゾール-1・1-ジオキシド
0.80以下
    〃 【ペンディメタリン】
N-(1-エチルプロピル)-3・4-ジメチル-2・6-ジニトロアニリン
2.20以下
    〃 【DBN】
2・6-ジクロロベンゾニトリル
1.5以下
    〃 2-(4-クロロ-6-エチルアミノ-1・3・5-トリアジン-2-イルアミノ)-2-メチルプロピオノニトリル 3.0以下
【DBN】
2・6-ジクロロベンゾニトリル
1.5以下
    〃 (RS)-N-〔2-(3・5-ジメチルフェノキシ)-1-メチルエチル〕-6-(1-フルオロ-1-メチルエチル)-1・3・5-トリアジン-2・4-ジアミン 0.30以下
及び【DBN】
2・6-ジクロロベンゾニトリル
1.5以下
配合肥料 【ピロキロン】
1・2・5・6-テトラヒドロピロロ〔3・2・1-ij〕キノリン-4-オン
1.0以下
    〃 【ベンフラカルブ】
エチル=N-〔2・3-ジヒドロ-2・2-ジメチルベンゾフラン-7-イルオキシカルボニル(メチル)アミノチオ〕-N-イソプロピル-β-アラニナート
0.50以下
    〃 【ウニコナゾールP】
(E)-(S)-1-(4-クロロフェニル)-4・4-ジメチル-2-(1H-1・2・4-トリアゾール-1-イル)ペンタ-1-エン-3-オール
0.025以下
    〃 【イミダクロプリド】
1-(6-クロロ-3-ピリジルメチル)-N-ニトロイミダゾリジン-2-イリデンアミン
0.50以下
    〃 【ブタミホス】
O-エチル-O-(3-メチル-6-ニトロフェニル)セコンダリーブチルホスホロアミドチオエート
2.0以下
及び【DCBN】
2・6-ジクロロチオベンザミド
1.0以下
    〃 【ペンディメタリン】
N-(1-エチルプロピル)-3・4-ジメチル-2・6-ジニトロアニリン
2.20以下
    〃 3-アリルオキシ-1・2-ベンゾイソチアゾール-1・1-ジオキシド 0.80以下
被覆複合肥料 【ウニコナゾールP】
(E)-(S)-1-(4-クロロフェニル)-4・4-ジメチル-2-(1H-1・2・4-トリアゾール-1-イル)ペンタ-1-エン-3-オール
0.05以下
液状複合肥料 【ヒドロキシイソキサゾール】
3-ヒドロキシ-5-メチルイソオキサゾール
17.5以下
家庭園芸用複合肥料 【イミダクロプリド】
1-(6-クロロ-3-ピリジルメチル)-N-ニトロイミダゾリジン-2-イリデンアミン
2.50以下
            〃 【アセタミプリド】
(E)-N-〔(6-クロロ-3-ピリジン)メチル〕-N'-シアノ-N-メチルアセトアミジン
0.07以下
及び【安息香酸デナトニウム】
N-ベンジル-N・N-ジエチル-N-(2・6-キシリルカルバモイル)メチルアンモニウム塩
0.002以下
            〃 3-(2-クロロ-1・3-チアゾール-5-イルメチル)-5-メチル-1・3・5-オキサジアジナン-4-イリデン(ニトロ)アミン 2.0以下
及び【安息香酸デナトニウム】
N-ベンジル-N・N-ジエチル-N-(2・6-キシリルカルバモイル)メチルアンモニウム塩
0.01以下
ページトップへ

肥料分析1 / 肥料分析2 / 肥料分析3 / 肥料分析4 / 肥料分析5

●ご依頼事業所等の立場にたった環境等の整備・改善・コンサルティングを致します。
●十数台の車が常時巡回をし、サンプリング及び測定を行います。
●常に最新の情報と高度な技術であらゆる分野のニーズにお応え致します。

お問い合わせ先 電話 03-3895-1141 FAX 03-3895-4396 担当 営業 佐藤伸彦

株式会社東京環境測定センター
【本社】 〒116-0012 東京都荒川区東尾久七丁目2番35号 【営業・総務グループ】 〒116-0012 東京都荒川区東尾久八丁目3番18号 2階
【営業・総務グループ】 TEL:03-3895-1141 / FAX:03-3895-4396

Copyright© 2012-2014 TOKYO ENVIRONMENTAL MEASUREMENT CENTER All Rights Reserved.