アスベスト(石綿)の用途 住宅屋根用化粧スレート

【住宅屋根用化粧スレート】
住宅屋根用化粧スレートは、セメント、珪酸質原料、繊維質原料、混和材料等を主原料として加圧成形したもので、主として住宅屋根の野地板下地の上に葺く化粧板として用いられています。
基板となるスレートの原料に着色材料を混入して板の全部、又は表層部を着色した物や、基板の表面に印刷、塗装、吹付け、焼付け、表面に小さな凹凸模様を付ける等の化粧加工を行う物が多く、形状により、平形屋根用スレート(凹凸模様のある物を含む)と波形屋根用スレートに区分されます。
尚、JIS A5423の規格名称は、1976年(昭和51年)の制定当初は「住宅屋根ふき用石綿スレート」、その後「住宅屋根用化粧石綿スレート」と称していました。

文字サイズ変更 小 文字サイズ変更 中 ウインドウを閉じる
東京環境測定センター ロゴ
Copyright© 2012-2018
TOKYO ENVIRONMENTAL MEASUREMENT CENTER
All Rights Reserved.